賃貸管理のご案内

HOME > 賃貸管理のご案内

あなたの物件をもっと「ハナ」やかに!わたしたちはお花を植えています。

不動産投資は買ってからが本番です!

賃料収入=利益ではありません!!

投資物件を購入すると、
あなたは「経営者」になります。
「経営者」として
どうやって利益を出しますか?

簡単ですね、利益=収入ー費用です。
つまり、色のついた部分が利益となります。

ただ、この収入の「ふうせん」は想定では
この大きさでもしぼんでいく可能性があります。
一方、費用の大きさも常に一定ではありません。

さらには…
賃貸経営には様々な法務・税務の知識や入居者満足向上のための
「サービス業」のノウハウも必要です。

たくさんのオーナー様が下記のような悩みを抱えていらっしゃいます。[退去後の空室がなかなか埋まらず、思うような利回りが得られない…][税金を納めるときに手元に現金がない…など、税金対策をどうしたらよいかわからない…][入居を増やすためにリフォームしたり家賃を下げたけど、思うように入居が増えない…][入居者対策といってもトラブル対応しか思いつかず、入居者の満足向上のために具体的に何をすればよいかわからない…]

「お問合せはこちら」上記の悩みに1つでも当てはまるあなたはいますぐ! 電話:03-5816-0400 9:00 〜 18:00 (定休日:日曜日・祝日)

さて、ここで質問です。
あなたが投資物件を購入し、賃貸経営していくのにどんな費用がかかるでしょうか?
例えば、こんな費用がかかります。

ローンの返済、金利 固定資産税、都市計画税、所得税、住民税など 賃貸管理費用、共用部分メンテナンス費、定期清掃費、共用水道光熱費 原状回復などのリフォーム代、空室対策のための広告費

香陵住販はオーナー様と長いお付き合いをしたいから、長年培ってきた賃貸管理のノウハウに基づき、

  • あなたの物件にはどういう費用がかかるのか?
  • なぜ、その費用が必要なのか?
  • 費用の妥当性

を事前にしっかりお伝え致します。

例えば、費用の妥当性

オーナー様にとって、原状回復費用はもっとも気になる支出項目。
オーナー様からすると「少しでも安くすませたい」とお考えになると思います。

ここでもう一度、利益の図を思い出してください。
安価な業者に依頼する事で費用の円を小さくする事はできます。

しかし、果たして繁忙期に同じように安価に、
かつ、短い納期で作業をお願いできるでしょうか?

繁忙期は収入の「ふうせん」を膨らませる絶好の機会です。
このときにいかにタイミングを逃さず、お客様の内覧・入居希望日に応えられるかが
利回り決定の重要なポイントになります。

「ふうせん」イメージ

弊社が考える費用の「妥当性」とは

費用削減

業者間で相見積もりを取る、大手を含む近隣業者など、費用削減努力は当然の事として行う。

利益を生むために

繁忙期にもいち早く「収入を生む」部屋に修繕できるかなど、オーナー様の「利益」を生むために必要なものか。

併せて検証

そのうえで「妥当」な金額かどうかを
長年賃貸管理で養った「物件を見る目」をもって診断し、結果をオーナー様に事前にご報告させていただきます。
オーナー様からもこの報告を通じて賃貸経営のポイントが見えてくると好評いただいています。

「お問合せはこちら」今すぐ確認したいあなたはこちらから 電話:03-5816-0400 9:00 〜 18:00 (定休日:日曜日・祝日)

例えば、収益物件購入時にも以下の費用がかかります。

・所有権移転登記料 ・不動産取得税 ・抵当権設定費用 ・仲介手数料 ・火災保険料

収益物件一覧はこちらから

弊社で物件をご購入いただくお客様には、
これら諸費用と前述の物件運営にかかわる費用を明示し、
物件周辺の市場動向やその物件のもつ長所・短所をふまえて、
実質的な利回りを算定。
ご納得いただいたうえで物件を購入いただいております。

しかし、残念ながら、物件購入時の想定が必ずしもそのままいくとは限りません。
賃貸市場トレンドは非常に速いスピードで変化を遂げています。
また、空室リスクや賃貸下落リスクに対し、
いち早く対応する事も不可欠となっています。

だからこそ!!
わたしたちは物件販売後も
責任をもってサポート致します。

弊社リーシングイメージ 自社店舗(上野駅前店)

弊社はオーナー様からお預かりしたお部屋を
幅広い仲介業者様と提携しつつ、
自社店舗でもしっかりお客様にご紹介。
幅広いリーシング活動を行い、
オーナー様の物件情報がエンドユーザー様に
しっかり届くような体制をとっております。

弊社はお部屋を探している
お客様にご来店いただける店舗を
主要ターミナル駅である上野駅の
駅前自社ビル1Fに構えております。

「上野賃貸課はこちら」JR上野駅「5a」出口より徒歩1分

これによりエンドユーザー様の声を店舗スタッフがいち早くキャッチし、東京支社管理課へ即座に報告。
オーナー様へマーケットニーズをタイムリーにご報告させていただく一方、ニーズへの対応策をスタッフ全員で協議。
賃貸・管理・売買と幅広い知識と経験をもつスタッフが効果・費用面を多角的に検証しつつ、
その物件のもつ長所・課題に応じてオーナー様お一人お一人にオーダーメイドのご提案をさせていただいております。

「お客様のニーズをいち早くキャッチ」→「マーケットニーズ」→「いち早くマーケット動向・ニーズを報告」

弊社はリーシングと賃貸管理を自社で行う事により
より細かでスピード感のある賃貸経営をご提供する事をお約束致します!

「お問合せはこちら」ご相談だけでもかまいません。どんなことでもお気軽にどうぞ。 電話:03-5816-0400 9:00 〜 18:00 (定休日:日曜日・祝日)

会社の経営では、信頼できるパートナーを選んだかどうかで成否の8割が決まると言われています。

昭和56年の創業以来、わたしたちはお客様の「信頼」を得るため何ができるかを愚直に考えてきました。
賃貸経営はよい事ばかりではありません。
マイナス面も当然ありますし、そのマイナス面でさえ日々刻々と変化致します。

かつては入居者の回転率が高い方が礼金などで稼げてよい物件と言われていました。
つまり、「退去が出ない」物件はマイナスと考えられていました。
しかし、現在のように空室や家賃下落のリスクを考えると、
「退去が出ない」物件こそが安定した利回りを得られる物件だと言えます。

では退去がでない物件とはなんでしょうか?
いろいろな事が考えられます。
例えば、家賃が安い、更新料がない、更新のたびに家賃が下がる、etc…

このとき入居者にとってのメリットは「お金がかからない」事です。
「お金」のメリットは入居者に訴求しやすい一方、
マーケットの競争に巻き込まれがちです。

そこで私たちは今一度考え直してみました。
「住まい」とは何か?
快適な「住まい」、価値ある「住まい」なら入居者の方もその価値に
しっかりお支払いいただけるのではないか、と。

わたしたちはこう分析し、
物件をご購入いただいたオーナー様に「お花」のご提供をさせていただきました。
たかが「お花」と思われた方。ぜひ下記オーナー様の声をお読みください。

お客様の声

「たかがお花」ではありません。

例えば、あなたが賃貸物件を探しているときにまったく同じ条件のお部屋で
共用部分にお花が植えてあるお部屋とそうではないお部屋、
どちらを選ぶでしょうか?

共用部分の管理が行き届いている事はもちろん、お花がもたらす生活の潤いが
たとえ賃貸であったとしても思わず友達に話したくなる自慢の「我が家」になるのです。

「たかがお花」が、
入居者が数ある物件から入居を決める際の「決め手スイッチ」
となり、妥当な賃料で快適に過ごせる物件からは退去が出ません。
空室対策や入居者対策に「お花」がもたらす効果は決して小さくありません。

あなたの物件にもっと「お花」のチカラを!詳しくはこちらから

「お問合せはこちら」ご相談だけでもかまいません。どんなことでもお気軽にどうぞ。 電話:03-5816-0400 9:00 〜 18:00 (定休日:日曜日・祝日)

PageTop